グルメフリッカー

食やグルメ、仕事等色々と思っていることを書いていければと思っています。

カレーライスのご飯は右?左?どちらに置くのが正解?

夏、冬関係なしに無性に食べたくなる国民食

カレーライス

子供からお年寄りまでみんなに愛されていると言えば言い過ぎか?
いや、言い過ぎではないとは思うのだが、みんな大好きなカレーライスのお話しです(*^^*)


さて先日お店の雑談の中でカレーライスのご飯は右に置くか左に置くかで意見が分かれました(笑)

まぁ、ホントにどうでも良い話題ですが(笑)
f:id:marche3280:20180618204420j:plain
わたしは今までの人生カレーライスのご飯はずっと左でしたので

右に置く人がいること自体ビックリでしたが皆さんそれなり持論があるみたいです。
(ぶっちゃけ慣れてるか習慣化しているかどうかの違いでしょうが)

f:id:marche3280:20180618204448j:plain
結論から言うとご飯左派が圧倒的に多く右にご飯は少数派です。


地域性や県民性にもよりますし育ってきた家庭環境にもよります。

マナー的にも全くどちらでも問題なくカレールーが手前でご飯が奥とかてパターンもあります。

f:id:marche3280:20180618204518j:plain


正解はなしと言うのが正解です。
何故ご飯が左の方が多いかと考えると日本の食文化、ご飯が左、味噌汁が右の習慣から来ている諸説もありますが、わたしは単純にご飯左の方が食べやすいです。

この記事を書きながら普段自分はどんな風にカレーライスを食べているのだろうと想像してみた(どんな想像やねん)(笑)

左にご飯右にカレールーと言うことは右のカレールーをスプーンにすくってからご飯…………

てイメージがあったのですが

よくよく自分が食べるときの右手の動きは左にあるご飯をスプーンに上から取り少し右に
寄せて今度は右下からカレールとご飯をすくうように入れている自分がいる(^^;

こうやって文字にしてみると凄く複雑な動きに見えるが
単純に左にご飯があれば壁になってスプーンで取りやすいのだろう。

こんなことを真剣に考えてプログに書いてる自分が嫌にならないか心配だ(笑)




鮮度を保てる野菜の保存方法

f:id:marche3280:20180613221702j:plain

買ってきた野菜はすぐに調理して食べるのが一番良いのは分かっているのですが

どうしても使いきれなかったり沢山頂いて多くの在庫になってしまったり

残ってしまったり捨てるのはもったいないですし、そんな時適切な保存方法を知っていれば食材を無駄にしたりしなくて済みます。

お財布にも優しいし(*^^*)

大まかによく使う野菜達を選んでみました。


f:id:marche3280:20180613221745j:plain
キャベツ

家庭の冷蔵庫に必ずと言っても良いほど入っているキャベツですが、

まるごと1つ買った方が割安ですが家庭で使いきるのには時間がかかりそうです。

一個まるごと保存する場合はキャベツの芯の部分を切り抜き濡れたペーパータオルや

キッチンペーパーでくり抜いた部分に詰めます。

キャベツが腐るときは大体が芯の部分からです。

キャベツまるごと購入したときは外側から1枚づつはがすように使用すると
、カットした断面がないので長持ちします。


f:id:marche3280:20180613221812j:plain

レタス

レタスもキャベツと、ほぼ同じ方法で芯をくり抜き濡れたペーパータオルやキッチンペーパーで芯の部分を詰めます。
空気に触れないようサランラップしましょう。
f:id:marche3280:20180613221833j:plain
サニーレタス

サニーレタスは一束そのまま買うケースが多いですよね。

スーパー等で安売りの時に買いすぎたときは濡れたペーパータオルやキッチンペーパー、もしくは新聞紙でも構いません。

全体を包んであげてビニール袋にでも入れて立てて保存します。

f:id:marche3280:20180613221855j:plain
白菜

冬の鍋物にはぜったいに欠かせない白菜ですが

1つまるごとを保存する場合、涼しい場所で常温保存します。

カットしてしまったら断面を直接ラップする等で劣化を最小限にします。

どうしても切口から変色していき劣化、腐敗となります。

白菜は比較的日持ちしますので置くスペースがあれば冬場は一個まるごと買ってもいいかもしれませんね。
f:id:marche3280:20180613221921j:plain
じゃがいも

カレーライスを始めポテトサラダや肉じゃが、フライドポテトやメイン料理の付け合わせにと

大活躍のじゃがいもですが、涼しい冷暗所で常温保存します。

芽が出る前に食するのがベストですが大量にいただいたりしたなら

冷蔵庫に入れて保存するのも、ひとつの手です。

何故なら芽は温かくなると、ぐんぐん伸びていきます。

それを安定した低温の野菜室で成長を止めます。
(本来なら亜熱帯地方が原産地の野菜は冷蔵庫に入れない方が良い)

ただ、じゃがいもを冷蔵庫等の低温で保存すると芽は出ませんが
じゃがいもの持っている、でんぷん質が糖質に変化をおこします。
じゃがいもはフライドポテト等揚げたり、焼いたりする調理法が多いので
先程述べた
でんぷん質→糖質になるのです。
発ガン性物質が出ると言われていますので、出来るだけ涼しい所で常温保存しましょう。
リンゴがあればリンゴといっしょに保存すればリンゴから出てくる成分で芽が出にくくなりますが一般家庭では現実的ではありませんので豆知識として頭の隅に置いとく位で良いでしょう。
f:id:marche3280:20180613221953j:plainf:id:marche3280:20180613222006j:plain
f:id:marche3280:20180613222844j:plain
人参・大根・かぶ
大根やかぶ等は葉っぱが付いて購入する場合も多いですが栄養が葉っぱに持っていかれるので葉っぱ部分はカットして保存してください。
大根は大根おろしにして冷凍したり、湯がいておいて冷凍するのも一つの手です。

人参も葉っぱが付いていればカットして湿気に弱いので新聞紙やキッチンペーパー等に包んで保存です。
f:id:marche3280:20180613222049j:plain
水菜
水菜や春菊等は湿らしたペーパータオル等で保存も良いのですが水洗いしたあとカットして
キッチンペーパーを敷いたタッパーに入れて更に上からキッチンペーパーを被せ保存すれば結構長持ちします。買ってきたものをそのまま冷蔵庫に放置しないでください(笑)
f:id:marche3280:20180613222120j:plain
貝割れ
あまり日持ちする食材ではないのですが、根本の部分の所に水を入れてあげて入れば
日持ちします。
カットしてしまえば1日1回水に濡らして濡れたペーパータオルで包んでおくといいでしょう。
f:id:marche3280:20180613225526j:plain
ほうれん草 
ペーパー類で包み袋に入れて保存です。
一般的なのが固めにボイルして食べやすい大きさにカットして小分けにサランラップし、冷凍です。

f:id:marche3280:20180613222141j:plain
えのき
えのきは根本の部分も、そのままにサランラップします。
f:id:marche3280:20180613222217j:plain
しめじ
キノコ類全般的にそうなんですが水分を避けてペーパーに巻いて袋にでも入れて保存します。
f:id:marche3280:20180613222240j:plain
トマト
サラダにパスタに和洋中何でもござれのトマトですが
青くて固ければそのまま常温保存で構いませんが、基本的には冷蔵庫に袋にでも入れて保存します。
f:id:marche3280:20180613222306j:plain
ピーマン等パプリカ類

スーパーで買ったら大体が袋入りですよね。
そのままでいいです。
2~3日で使いきりましょう。



基本的に野菜は早めに使いきり出来るだけ最小限の購入にしましょくう。
大量に頂いたりしたものはカットして茹でて小分けにし冷凍庫へ入れれるものは入れて保存です。
冷凍した野菜は生で使うのは難しいので、そのまま火を入れるのが基本です。


カットした野菜はエチレンという物質が発生します。
しなれる原因です。
ぴったりラップするか袋に入れて空気と水分を遮断します。

野菜は冷蔵庫に立てて保存が基本です。

寝かすと、野菜がどうしても上へ上へと糖分や水分を持っていこうとするのでしなれてくるのです。
100均で売っているアイテムを利用して野菜室に区切りをつけ整理するのも良いかもしれません。



お肉や魚の影に隠れやすいですが野菜はどんな料理にも出てくる最高の脇役です。(もちろん主役にもなります。)
安くて健康的なお野菜今一度見直してみましょう。


コンビニカフェ・マチカフェの手渡しは不効率。

toyokeizai.net

机上の理論と現場との温度差が浮き彫りに出た

マチカフェ


ですな(笑)

今やコンビニコーヒーは、なくてはならない存在になっていますね。

寒い日には暖かいホットコーヒー

暑い夏の日には冷たいアイスコーヒー

忙しい時や通勤中でも歩きながら車で運転しながら飲むことができ使い勝手もよくクオリティも高く、そして安い(^_-)

何の文句があるんですか?(笑)

あ、別に文句はないですか(笑)

f:id:marche3280:20180509085631j:plain

コンビニコーヒーは基本、セルフサービスで自分でコーヒーマシンを操作し自分で入れる………
これが一般的なケースです。

プレミアムロールケーキで一世を風靡したLAWSON。

次はLAWSONの手渡しコーヒー……

マチカフェは

LAWSONの店員さんがスタバやドトールみたいに、わざわざ作って入れてくれる、とても面倒くさい(^。^;)いや、間違えた、ある意味画期的なスタイルです。



現場は手渡しよりお客さんに勝手にやってもらう方が効率良いし、人件費的にも助かるだろうし何より手がとられない。

その間に他のお客さんの相手やレジ打ちも出来るし手渡しにそこまで拘る必要があるのだろうか?

レジが混雑して並び始めたら逆に気を使いコーヒーを頼みにくくなってしまい逆効果だとおもうのですが。

お客さんもコンビニカフェは浸透して皆さん慣れていますから自分で勝手にやって勝手に作ってお店を後にする方が気が楽でしょう。

コンビニがスタバやドトールになろうとしても少し違うんですね。(なるつもりはないでしょうが)(^。^;)

本社の理想は分かりますが現場との距離感を感じる発想ですね。

手軽さ利便性の良さがコンビニの良いところ。

お客さんも、そこに、そんなに沢山の物を求めていないし、そこを考えるなら

もう少しオーナーさんの気苦労を考慮してあげる方が良いのでは?と思ったマチカフェです。

けど、わたくしLAWSONのコーヒーは大好きです。
f:id:marche3280:20180510223935j:plain

このコンビニコーヒーの利益は思いっきり少ないです。

コーヒーを持ち帰りで頼むとこんな入れ物を用意してくれたり
f:id:marche3280:20180510223639j:plain

こんな良い袋でお持ち帰りしたり
f:id:marche3280:20180510223825j:plain

そりゃ、儲からんはずや(^。^;)


利益だけを考えるとやらない方が増しな訳ですが、コーヒーを売ることで、ついでに買い物してしまう相乗効果があるんですよね(*^^*)

コンビニだけに限らずマクドナルドや高速道路のサービスエリアでもコーヒーを販売しています。

今後まだコンビニコーヒーの売価が下がると言う噂も聞いていますがコンビニコーヒーからますます目が離せなくなってきましたね(^_-)


回転寿司のファミレス化(スシロー・くら寿司・はま寿司・かっぱ寿司)

news.nifty.com

ファミレス化していく回転寿司業界


今更ながらですが、どんどんファミレス化していく回転寿司業界。

とどまる所を知りませんね(笑)

とりあえず回転寿司に行けば何でも食べれると言う状況は変わらず

寿司以外を目的で来店するお客さんもいるんではないかと思われます。
f:id:marche3280:20180504233453j:plain
記事から抜粋しますが



「なぜ寿司屋で...? スシローにホクホク食感の『ポテりこ』が登場!」

「寿司とはいったい... くら寿司、シャリにチョコプリンを乗せた『ティラミスシ』発売」

「はま寿司から『はまカレー』誕生 構想から4年の自信作!」

「25センチの重箱からはみ出す大迫力! かっぱ寿司から1万円の『うな重』」
今回かっぱ寿司が満を持して送り出すのは「ハンバーグ」。すでにくら寿司が牛と肉の合いびき肉を使った「イタリアンチーズハンバーグ」(税別250円)で先行しているが、「専門店にも負けない味わい」と自信を見せる。





ここまできたらお客様の為と言うよりライバル社に負けたくないだけに意地でも頑張ってる感を感じられずにいませんが、消費者にとっては、ありがたい事ですね(*^^*)


家族で外食行くときに、あれがいい、これがいいと意見が分かれたときは大体が回転寿司へ直行てパターンです。

お店に行けば、とりあえず何でもありますからね(*^^*)
f:id:marche3280:20180504233527j:plain
夕方、学校帰りにデザートだけ食べに来る高校生や一人で軽くつまんで食べる中年独身男性(^。^;)

それだけ需要が大きく飲食業界を牽引しているだけの事はあります。

スシロー、くら寿司、はま寿司、かっぱ寿司

回転寿司は、この四天王で決まりだろうが、スシローと、くら寿司の2強、そして少しかっぱ寿司が遅れをとっているか?

こういう100円の回転寿司が出始めた頃とりあえず行ってみようかぁ~的な軽いノリでしたが、家族で行くと値段もバカにできなく、どんどん進化していくのを見ると飲食業界にとっては良い意味で脅威的だ(*^^*)

どちらにせよ、まだまだ、回転寿司業界はスシローを中心に回っているのは間違いなさそうだ。



ステックフリット(牛肉のステーキとフライドポテト)ビストロの定番メニュー❗

いろんなジャンルがある飲食店の内、わたしの大好きなジャンルのひとつにフランス料理がある。

フランス料理でも星付きのお店やそれに負けない高級店、カジュアルなフレンチ等フランス料理だけでもいくつかあるが、わたしは肩肘張らず気取らなく日常的なビストロが大好きで、東京へ食べ歩きに行くときは必ずビストロの予約から始める位だ(笑)(*^^*)


わたしにとってビストロの位置とは食べに行ってテンションが上がり、それていてホッとできるのがビストロだ。

ビストロの代表的なメニュー


パテドカンパーニュー

魚やお肉のテリーヌ

エスカルゴ

生ハムやサラミの盛り合わせ

海老とアボカドのカクテル

リエット

キッシュ

アッシパルマンティエ

子羊のロースト

チキンのフリカッセ


ステックフリット

等々
f:id:marche3280:20180424210233j:plain
書き上げたらキリがありませんが、生つばゴックンですね(^。^;)

ビストロのメニューて、ほぼ定番のメニューなんですが

お店によって変わってくるんですよね。

洋食屋さんのメニューでオムライスやハンバーグなんて、どこにでもありますが

やはり全店特徴があります。

まぁ、当たり前と言えば当たり前なんですが(笑)

わたしがビストロに行くとき必ずオーダーするのが

お肉のパテ(パテドカンパーニュー)とステックフリットです。

パテはお店の実力が分かると言います。

そういう意味でも始めていく店ではパテを意識的に頼みます。

けど、ビストロに求めているのは冒頭にも申し上げた

ホッとする、ひとときです。
f:id:marche3280:20180425231819j:plain

みんなで楽しく時間を忘れてワイワイガヤガヤやりながらワインをぐびぐび飲むのが

至福の瞬間なんです。

肩肘張らない料理も大切で、それがわたしの中で

ステックフリット

なんですね(*^^*)

ステック(ステーキ)フリット(フライドポテト)

山盛りのフライドポテトに牛肉を焼いただけのステーキを乗せただけのシンプルで分かりやすい料理。

けど、やめれないんですよね(*^^*)

ビストロでも当然ながら出てきますがフランスの一般家庭でも
よく食卓に登場します。



最近行く時間が中々取れないので先日、自分で作って(写真)

自分で食べて

自分で自画自賛(笑)(^。^;)

ソースはマスタードだけで十分です。

冷凍のフライドポテトを買ってきて

赤身の牛肉をサッと焼いて

時にはご家庭でビストロ気分を味わってみるのもどうですか?(*^^*)


藤井聡太六段見事逆転勝利‼️さて今回の勝負飯は?

第44期棋王戦予選ブロック準決勝で大石直嗣七段(28)を破り

藤井聡太六段見事逆転勝利‼️

藤井聡太六段今回もやってくれました(*^^*)

途中苦しい展開で解説の人も

2対8で藤井六段押されてるとも言わせる位の局面だったと思いますが(わたしは将棋がよく分からない)(^。^;)

見事に逆転勝利で勝ち抜きました。

本当に凄いですね。

さてさて、恒例の今回の勝負飯ですが………



ハンバーグ&エビフライです(*^^*)

洋食の人気定番メニューですね。

注文を受けたのは関西将棋会館の正面玄関入口にある

イレブン

と言う食堂か喫茶みたいなレストラン。

何度も前は通りましたが一度も入らず仕舞いです、すんません(^。^;)


と言う事でハンバーグ&エビフライですが

大人から子供まで大好きなメニューですよね。


藤井六段も例外ではないですね。

ちなみに、この写真はわたしが作ったハンバーグ&エビフライです。

以前このブログにも載せた事のある写真です。

f:id:marche3280:20180424221602j:plain

別に彼が何を食べようが食べまいが、ほっといてやってくれて感じでしょうが


将棋会の天才スーパースターです。

世間が放っておく分けはありません(^。^;)

スターの宿命ですね(*^^*)

これからも、私達家族で応援しておりますよ~🎵

羽生竜王との対局したときの勝負飯ブログ

www.flicker.work


テレビでも話題の
ハート将棋
小さな子供さんが楽しく将棋ができる(*^^*)



藤井聡太語録 言葉から紐解く若き天才の思考術 (DIA Collection)

レストランでのお一人様

最近よく見かけるのが女性一人でのレストランの利用です。

以前はレストランを一人で行くって行為自体恥ずかしくて勇気のいることでしたが、

FacebookInstagram等のSNSの影響が大きいのでしょうが

若い女性の

お一人様が増えてきました(*^^*)
f:id:marche3280:20180419180645j:plain
大変良い事だと思います。

外食産業は増えては減り増えては減りの繰り返しで、

お客さんが増えている分けではない。

お客さんのπは変わらないのだ。

新しいお店が出来たら例えば3000人のグルメの方々が

右へ左へと流れていっているだけで

そんな中、お一人様の存在は、ありがたい限りです。

高級レストランなんかになると

お一人様お断り

てのも、ありますが予約の段階で、しっかりと確認を取っておきましょう。

中には二人分の料金を支払うと一人でも食べれると言う

高級レストランも聞いたことがありますが、ドMな方は是非行ってみてください(笑)(^。^;)

ランチは、どのお店も入店しやすいですがディナーはテーブルで一人は何か気恥ずかしい部分もありますが、カウンターがあるお店だと入りやすくスタッフの方も話しかけてくれたりして過ごしやすいですね。

f:id:marche3280:20180419180717p:plain

今の時代料理も

インスタ映えしないと目立ちません(^。^;)

今や新メニュー作るときの話のネタはインスタ映えするかどうかを真剣に話してます。

お一人様でレストランの目的は、もちろん美味しい料理を食べることですが

女性一人で、お一人様ディナーされる方は

SNSにアップする確率200%⁉ですので

ここは大切にもっていきたい所です(*^^*)

お店側も、お一人様とコミュニケーションを取り楽しく素敵な時間を過ごさせていただいたらリピート率も断然高くなりますしね。

一人でレストランに行くのをためらっている方、恥ずかしがっている方、お店側はウェルカムの所も多いですので、もっと繁盛に出向くのも良いかもしれません。


小さなお店を始めたい。飲食店開業その4

小さなお店を始めたい。

いよいよ最終回です(^。^;)

お店を運営するにあたって毎日の作業がありますが

少ない人数、もしくはワンオペでやるなら出来るだけ手数を少なくしていかないと

毎日の事ですから疲れてしんどくなってきます。

今まで、そこそこ大きなお店で働いて部下に命令していたのを

全部自分でやらないといけなくなってきます。

鍋洗いや野菜の下処理も自分でやるのです。

最初は気合いが入っているで良いのですが

その内そういう作業も簡素化していかないと疲れてストレスがたまります。



下処理した食材を使う

f:id:marche3280:20180414170240p:plain
今、業者さんが下処理している食材を持っています。

これらを利用するのです。

例えば鮮魚なんかでも一匹丸々仕入れて水洗いして

三枚におろすより、業者さんが三枚もしくは頭を落として二枚の状態て持ってきてくれたり

しますので非常に便利です。

そんなの使わずに自分でやるよぉ~

て方は自分でやってください。

しかし、これも1つの手です。

お肉も例えば牛フィレ肉150グラムカット10枚とか

豚ロース肉200グラムカット5枚とか言う風に指定すると大体の所がやってくれます。

端きれ等のロスが出ないので非常に便利です。

野菜も千切りやカットして持ってきてくれます。

サニーレタス等の葉野菜をちぎった物を真空パックにしたり、大根のケンや大根おろし

各野菜のスライス等、本当に便利になりました。

もちろん割高になります。

人手や時間を買うと思えば、そう高いものではありません。

もちろん出来る範囲内で、やれる所はやっていき負担がかかるなら、その部分だけをカバーしていったら良いと思います。

缶詰めやレトルトパックも無視できません。

昔と違って今の既製品のソースはレベルが高いです。

下手な料理人が作るより、よっぽど増しな物も沢山あります。

それを、そのまんま使うより少し手直しして仕上げると既製品ぽくなく本物の手作りに思えてきます。

経験が浅い方でも、こういうのを使用すると誰でもカフェがオープン出来ますね。


小さなレストランなんかでは料理人が自分1人てパターンが多いです。

全て手作りでやるとメニューをおまかせコース一本とか簡素化する等の対策をしなければなりません。

あまり店側の都合はかりだと、お客さんの来店率が低くなってしまいます。

仕入れを賢くやっていき、変なこだわりは捨て商いに目を向けてください。

何度も言うように、売り上げがない、お金がないてのは辛いです。

心に余裕を持たないと全て歯車が狂います。

f:id:marche3280:20180414170323p:plain

近代機器を使う

便利な調理器具が沢山あります。

★スチームコンベクション

食器洗浄機

★フードプロセッサー

★ハンドブレンダー

今の時代無くてはならないものになっています。


スチームコンベクション……スチコンはオーブン機能やスチーム機能があり焼いたり蒸したりを繊細に細かく出来ます。

これでプリンなどを作ると普通のオーブンよりきめ細かい柔らかなプリンが出来上がります。

食器洗浄機は人一人とは言いませんが、人の代わりをしてくれます。なかったらメチャ不便です。

余程暇なお店以外は必須アイテムです。

フードプロセッサーは野菜をみじん切りにしたり、肉をペースト状にしてテリーヌ等作ったりレストランには必ずと言っていいほどあります。

ハンドブレンダーはスープを作るときに、わざわざフードプロセッサー等に移し替える必要もなく鍋の中でかくはん出来非常に便利です。


厨房器具にしろ、業者さんにしろ使えるものは使っていき、少しでもお店の事や他の事にも気を使える状態に持っていっときます。

オーナーシェフなんて響きは良いですが実際は雑用が多いです。

電球がキレた、物が壊れた故障した。

しょっちゅうホームセンターへ行ってます(笑)

笑い事じゃないですね(^。^;)(笑)

料理に専念出来る時間なんて、しれています。

けど、自分のお店を守って行かなければならないのですから仕方ありません。

ここまで頑張っても赤字で儲からない店も多いのが現状です。

借金だけ抱えて辞めていくケースも珍しくありません。

あと、よく見かけるのがオープンと同時に当たって周りにチヤホヤされ

毎晩のように飲みに出掛けたりする人がいます。

一晩で○○○万円飲み代に使ったぞ‼

と、自慢して武勇伝のように喋っている人を見かけますが

大体そういう人は後々ダメになっているケースが多いように思います。

わたしは直ぐに舞い上がって冷静に自分をコントロール出来ないのですよ~

て回りに言ってるようなもんです。

少し位ハメを外すのも良いですが、出来るだけお金は残しておきましょう。

後々何があるか分かりませんし、次の事に回しましょう。

自己管理が出きない人にお店を守れるわけがありません。

一流のアスリートが自分自身に厳しいからトップ争いを出来るのです。

厳しい事を言っているのではありません。

普通に自分をコントロールするだけです。

甘い誘惑に負けないでください(*^^*)

売り上げも過渡に期待せず、ほどほどの目標設定にしておきます。

無理に損益分岐点を高めに持っていったら

思ったより売り上げが上がらないとか気が滅入ってしまいます。

もちろん必死でやらなければいけませんが余裕を持った売り上げ設定にしておくことです。

管理をする

小さなお店になると自分の代わりはいません。

健康管理はしっかりしときましょう。

深夜遅くまで飲みに行くのを控え睡眠はしっかりと取りましょう。

体調不良でお店を閉めていたらお客さんから見てもそうですが従業員からも信用なくします。

管理と言えば、お金の管理もキチンとし公私混同しない事です。

ちょっとお店のお金を借りておこう~等、甘い考えも出てきます。

そこはわきまえなければなりません。

そうする事によってスタッフにも自己管理させる事で物が言えるのです。

自分が出来ていないのに他人に言っても説得力ありませんよね(笑)

長い事、従業員を使ってくると年上の後輩や部下が出来ます。

部下だからと言って命令口調は良くありません。

年齢的に上の方にはお願いする形で指示を出せば良いです。

相手も役職的には上でも年下から適当に使われるのは気分が良くありません。

自分が人として成長したいのであれば相手を思いやる気持ちが大切です。

良い人になる必要はあるませんが

敵は少ない方が良いです。




あと忘れてはいけないのが


税金です

所得税と消費税なんですが

所得税は、その年の売り上げから経費を差し引いた利益から計算されます。


消費税はお客様から預かったお金です。

けど、実際は売り上げの一部に入っているので中々、管理が分かりにくく

全てお店のお金に見えてしまいますが確定申告の時に消費税が確定されます。

その他、節税もしていかなければなりません。

経費で落とせるものは落としていき

落とせるかどうか、判断しにくい場合は担当の税理士さんに相談をしましょう。





飲食店開業に関する事で現実的に厳しい話も沢山書き上げましたが

純粋にお金儲けだけなら他にも方法は沢山あります。

最終的に自分が料理やレストラン、飲食店が好きなら

頑張ってみる価値はあります。

人手不足倒産する会社もある時代、良い人材を確保するよう努め、そして大切に育てていきましょう。

個人経営のレストランはお店そのものが自分です。

きれい好きなオーナーのお店は、やはりきれいです。

適当なオーナーのお店は、やはり適当な店になっています。

オーナー目当てに来店してくれる常連さんの多い店は、やはり流行っています。

従業員を大切にするお店は定着率も高く離職率も低いです。

人にやった分そのまま返ってきます。

いつかやれれば……

と思わず、やりたいと思い立ったら開店目指して計画を立ててお金を貯めて

自分ものお店を持ち一国一城の主になりましょう。

努力が実るとは限りませんが、努力したものだけが報われます。

ひょっとしたら今までとは違う世界観が見えてくるかもしれません。




最後に~


何の計画も立てず思ったことを走り書きのように書き込んで支離滅裂な文章になってしまってますが今回の
飲食店を始めたい。開業への道

長々とお読み頂き誠にありがとうございましたm(_ _)m


飲食店での成功を納める事が出来る人が一人でも多く出るのを願っております。

フリッカー


小さなお店を始めたい。飲食店開業への道その3

シリーズ第3弾です(笑)

小さなお店を始めたい。その3

オープンしてからが本当の勝負です。

小さな飲食店のメリット、デメリットを書き上げていきたいと思います。

メリット

☆従業員が少ないもしくは雇わないので人件費がかからない。

☆その分、食材費にお金をかける事が出来る。

☆従業員が少ない、もしくは、いないので気を使わない、人間関係のわずわらしさがない。ストレスも軽減される。(これは大きい)


☆大規模店にはない店作りが出来る。

☆お店全体を見渡す事ができる。

☆お客さんとコミュニケーションを取ることが出来る。

☆売りにするメニューに絞ることが出来メニュー数を少なくでき無駄な仕入れを押さえる事が可能。

☆アットホームな店作りが出来る。

☆ほぼ、自分の思い通りに出来る。


デメリット

★売り上げに限界がある。

★人件費を少なくて済むが、その分経費で落とすことが少ないので税金対策的にしんどい。

★ワンオペでやるなら何でもない雑用も自分でやらないといけない。

★大型店舗と違い仕入れを押さえることは出来るが仕入れが少ないので仕入れ金額の交渉に限界がある。
f:id:marche3280:20180412222122j:plain

小さなお店ならではの事が良い点、悪い点いくつかありますが

やはり今の人手不足の悩みを少しでも解放させ、自分の思い通りに仕事をするにはミニマムなお店が魅力的に感じます。

大型店舗では出来ない小さなお店ならではの、お客さんとの身近な距離。

これは常連さんを作るには絶好のチャンスです。

わたしは旅行に行った時は仲の良い常連さんにお土産を買ってきました。

もちろん渡すときはこっそりと、その常連さんに渡すのです。

(あなただけに買ってきたのですよ)的なオーラを出しながらお土産を渡すと

又このお店の、そして自分ファンになってくれるのです。

お店作りはファン作りです。

何かイベントをやる時は必ずと言っていい程、常連さんは参加してくれたりします。

大切にした分、大切にしてくれます。

ご近所で何かあれば参加するようにします。

地域密着型のお店ですね。


そして、常連さんだけに限らずお客さんが帰る時は出来るだけ挨拶しにいく。

わざわざ、オーナーさんが出てきて挨拶されたら、やはり嬉しいものです(*^^*)

大手企業の飲食店のマニュアルも素晴らしいですが、マニュアルを越えた心は
何よりも変えがたいものがあります。

小さな、こじんまりとしたお店の特徴を生かしてお店を、そして自分をお客さんにアピールします。


店が大きい、小さい、飲食店等関係なくサービス業全般に一番大事なのは

接客です。

今の時代どこのレストラン等でも、そこそこ美味しいものが食べれます。

逆にメチャメチャ不味いものに当たることも珍しいですよね(^。^;)

レストランで言うと、わたしは

料理3割

サービス(接客)7割

と感じています。


いくら良い料理や商品を提供しても接客が悪ければ全て台無しです。

お客さんも飲食店という空間に食事以外のものも求めています。

そこにお客さん同士の会話や添えてある花、店内に流れるBGM

そして、それを邪魔しないさりげない接客。

お客さんには気持ち良くお店を後に出来るよう努めましょう。


接客と言ってもかしこまったサービスより、さりげなく何気ない会話が大事です。

自分の知らない話や興味のない分野の話しなども多々あるとは思いますが

勉強させて頂きましょう。

常連さんで野球好きの方がいて、わたしは今、選手の名前や顔なんかも、ほとんど知らないのですが(昔の選手は知っていますが)やはり覚えたりして話を合わせる努力もしたもんです。


話好きなお客さん

話したいけど話し下手なお客さん

話しかけるなオーラを出しているお客さん。

色々な方がおられるので瞬間的に見抜く力を付けていかなければなりません。

この人の為に又来たい。

この人に会いに来たい。

そう思わせたら勝ちです(*^^*)

お客さんと一緒に楽しみましょう。

忙しくてバタバタしている時もありますが、そんな時こそ一呼吸。

冷静になりましょう。

例えば休日買い物に行きました。

素敵な気に入った服がありました。

カバンでも時計でも何でも良いです。

店員さんは売るために必死で商品説明をしてきたり、世間話しもしてきます。

笑顔いっぱいで(*^^*)

けど、それは自分の事を好きだとか心を込めて精一杯尽くしているとかではないんですね。

冷めて言うと

仕事だからです。

見ず知らずの人に物を売る、商品を提供する為に

皆さん笑顔で仕事をしているのです。
(もちろん愛想もくそもない人はいますが)


わたしは

接客とは究極の演技

だと思っています。

演じた人が演じきった人が

(あの人素敵なサービスしてくれたわね)

と、なる訳です。

それを続けていくと

嘘が本当になってくる

演技が本当の接客になっていくんです。

意識してしていたことが無意識になって自然体になっていくのですね(*^^*)

お店に入ると舞台女優、俳優になった気分で楽しみましょう。


夫婦でお店を切り盛りしている所もよくみかけます。

微笑ましい光景です(*^^*)



端から見ると(笑)


お客さんや従業員の知らない所では……

いや、従業員の前でもよく夫婦喧嘩しているお店もあります。

わたしも何度かオーナーシェフのお店で働いて奥さんが手伝いに来ていて

よく夫婦喧嘩しているシーンを見ました(^。^;)

わたしは、それを見て

自分がお店を持ったら絶対にしないぞ❗

と心に誓ったのですが

その誓いは残念ながら物の見事に破れ去っていきました(笑)

夫婦でお店をやる時、もしくは奥さんに手伝いに来てもらう時は必ずルールを作った方が良いと思います。

☆従業員の前では絶対に喧嘩をしない。

☆お互いを立てる。

☆私情を出さない。

☆従業員に注意をしたら奥さんが後で、その従業員をフォローする。

等々……

いくつかの誓約をしといた方が良いです。

極端な例ですが若い頃働いていたお店で夫婦喧嘩はするは、従業員と浮気はするは売上金をギャンブルに使うわの

アホなオーナーもいましたが、もちろん離婚、速攻で店は潰れました。


売り上げの7割は常連のお客さんが作り上げてくれますので、常連さんには

贔屓はありだと思うのですが、従業員はみなさん平等に接していかないと

特に女性は嫉妬します。

(あの人ばかり可愛がってる……)
(あの人とばかり喋っている……)

ここは気を配りましょう。

こんな事で大切な従業員を逃がしてはいけません。

あと、よくあるのがアルバイトに過度の期待をする方がいますが

そこそこ、やってくれたらラッキーと思いましょう。

学生なら本業は当然ながら学業です。

遊びも大切です。

主婦のパートさんも家の事や子供さんが中心です。

皆さんあくまでも、お金を稼ぎ来ているのですね。

あまり無理難題のスケジュールや期待を求めると去っていくかもしれません。


少しでも長く働いてもらえるように明るく楽しい職場にします。

(次回に続く)
まだ続くのかい(笑)




小さなお店を始めたい。飲食店開業への道その2

小さなお店を始めたい。その2

さて前回の続きです。


保健所に届け出をしました。

税務署へも届け出の準備もしました。

いよいよお店作りです。

居抜きを推奨しているので居抜きで話を進めます。

前の人がやっていた業種が同じであろうと違っていようと以前のイメージを払拭しなければなりません。

居抜きとはいえお皿や内装は変えていきましょう。
特に壁ですが居抜きなので
年月が経っていますのでクロスを張り替えるか壁を塗り替えるかお客さんに変わりましたよって、インパクトを与えなくてはなりません。
こういった見積りは必ず何社からか取り寄せ競合させ出来るだけ安く仕上げていきたいものです。
こういうものは正直、原価は安いです。
ただ、一度張り替えなどすると次は早くて数年後ですので一回の手間賃はそれなり取っておかないといけませんからね。皆さん商売ですので。

友人や知り合いでやってくれる方がいたら当然そこで交渉していきましょう。

初期投資は出来る限り切り詰めていきましょう。
f:id:marche3280:20180412222013j:plain

メニュー作り

それと同時にお店の命とも言えるメニュー作りを進めていかなくてはなりません。

どういう店作りをするかによってメニュー内容も変わってきますが

あれもやりたい、これもやりたいと、方向性が定まらなければお客さんも、ここは何を売りたいのか分からなくなってきます。

コンセプトを決めなければなりません。

例えばフランス料理なら今風のを提供するのか、クラシックな古典で攻めるのか、洋食屋さんならハンバーグを売りにするとかオムライスをメインにメニュー作りをするのか、何かしらそのお店の特徴をメニューに押し出します。
ハンバーグを売りにするつもりが
オムライスの評判が良くオムライスが美味しいお店と評判になったお店がありました。


違う意味で当たる場合もあります。

うどん屋さんで麺にコシがあり出汁も美味しい。自慢のうどんを提供します。
そのついでに大きな美味しい、かき揚げを提供したら、それが売りになることもあるです。

一生懸命やっていれば違う所でも当たったりします。

どこかで誰かが見ているのですね(*^^*)
メニュー作りも、売れるメニュー作りをしていきます。
こだわりすぎたメニューは自己満足の物も多く、お客さんがそれを望んでいるかと言うと、そうでもないケースが多いです。
お客さんが来て商品が売れて、売り上げが上がって利益が出て家族が潤って、そこに笑顔が生まれるのです。
大体、夫婦や世の中で揉めるのは
大体がお金か男女関係です。

金の切れ目は縁の切れ目とは良く言ったものです。

ここは、先を見据えてメニュー作りに励んでください。
ちょっと話がズレましたね(笑)

業者さん・仕入れ先

仕入れ先を決めなければなりません。
ここに来るまで、ある程度は業者さんとの付き合いもあると思います。
今まで、お付き合いがあった業者さんとの縁を生かして、そのまま取り引きするのが良いかと思われます。
相手方もこちらの性格や人間性も分かって理解していただいているのでスムーズに事が進みます。

もちろん、違う所にも声をかけたり……
と言うより横の情報で必ず他所の業者さんが営業に来ます。
話を聞いてみるのも良いです。

よく同じ商品を扱っている業者さんに価格競争させている人を見かけますが、それも時には良いですがほどほどにしておいた方がいいです。
業者さんも人間です。
安くて良い商品があっても、そういうことを頻繁にやられていては最安値で回してくれたりしません。
良い情報も教えてくれません。

人と人とのお付き合いです。
そこは考えておきましょう。


スタッフをどうするか?

夫婦だけでやれるのがベストですが
従業員も雇わなければいけないのであれば早めにネットや求人誌で募集をかけましょう。
今のご時世、中々人が集まりません。
只、新店は比較的集まりやすい傾向があります。
一番最初だから、そこの顔になれるからです。
そして早めに人材確保してサービスの練習をしてオペレーションを決め本番に向けてソツのないようにしましょう。

オープン前のイベントとしてレセプションがあります。
オープン2日前位に知り合いや関係者を呼んで料理を振る舞い、まぁ言えば予行練習をするのです。
そこで見えていなかったものが見えてきたりするので、ここは小さなお店でも必ずやっておいた方が良いです。

余談ですが、ここまでかなり気が張っているのでくれぐれも健康には気を付けて無理をしないで少し余裕を持ってください。
(中々そうも言ってられないでしょうが)(^。^;)



オープニングの宣伝。


オープンの宣伝広告をどうするか?

新聞の折り込みチラシを入れるか、ポスティングするか悩めるとこですがネットでニュースや情報を収集している今、新聞の折り込みチラシは費用に対する効果はどうなのかと考えたりします。

ポスティングの方がより効果的でしょう。

専門のポスティング業者さんにお願いして自分達はお店に専念する方が良いかと思われます。
只、オープン初日から、お客さんが押し寄せて料理もサービスも上手く回らなかったら台無しですので敢えて宣伝は日をズラすのも作戦のひとつです。


いよいよ待ちに待ったオープンの日です。



オープン当日


わたしは先着100名様に粗品をプレゼントしました。

焼き菓子です。

自分で作る暇がなかったので友人のオーナーパティシエの所で作ってもらい
(結構有名なお店でしたので効果は抜群でした)凌ぎました。

とりあえず来店してもらうキッカケを作らなければなりません。

オープニング1週間はデザートサービスとかコーヒーサービスとかお見せに負担がかからないものをすれば良いと思います。

ただでさえオープンは何かと忙しいですからね。

オープン初日が終了すると、まずその日の出来事の中で色々な反省点が出てくると思います。
毎日、改善しなければならない事が沢山出てきます。

特にオペレーションの変更や料理の提供の遅延等、思ったような動きが出来なくて、もう一度見直さないといけない箇所が必ず出てきますが焦らないでください。
皆さんそれを乗り越えてきております。


まぁオープンは大変ですわ(^。^;)

けど、勢いで蹴飛ばしてください(笑)


オープンするまでも大変ですが本当に大変なのはこれからです。

お店はお金があれば何とか開業する事ができますが

一番難しいのは継続です。

飲食店の50%が2年以内に廃業します。

5年で85%廃業。

10年続けるのは100件に2~3件です。


飲食店は間口は広いが、これだけ熾烈な争いが現実です。

皆さん夢を持って開業しますが、やれ開けてみればこんなはずじゃなかった………
と言うケースです。

これからオープンだと言うのにこんな事を言うのも何ですが、こういう現実から目を背けないでください。



(次回に続く)