グルメフリッカー

人生一度っきり明るく元気に一生懸命楽しみましょう。

オリーブオイル。スペイン料理にはかかせないアヒージョ🎵

f:id:marche3280:20171217154900p:plainスペイン料理でオリーブオイルと言えばアヒージョがすぐに思い浮かぶ
アヒージョとはスペイン語で小さなニンニク、刻んだニンニクて意味です。

何よりもウイッキィペディアを見てもらうのが一番だ(*^^*)


ウイッキィペディアによると……


アヒージョ(西: ajillo)は、スペイン語で文字通りには「小さなニンニク」、具体的には「刻んだニンニク」を表わす言葉であり、オリーブオイルとニンニクで煮込む、マドリード以南の代表的な小皿料理(タパス)の一種である。マドリード以北でも提供しているバル(飲食店、酒場)は多い。カスエラ(耐熱の陶器)にて熱したオリーブオイルごと供される。

日本では、「アヒージョ」というが、アヒージョはニンニク自体のことであり、料理のことは正しくは「(食材名) アル アヒージョ」(al ajillo)、たとえば海老を使用する場合は「ガンバス アル アヒージョ」となる。

素材は魚介類を中心に海老、牡蠣、イワシ、タラ、エスカルゴ、マッシュルーム、チキン、砂肝、野菜など多種多様で、熱が通った具材をそのまま食すのと併せ、バゲットやチュロスをオリーブオイルに浸して食べるのが一般である。日本のスペインバルではバゲットやチュロスの提供は必須ではないが、スペイン人の中には「バゲットやチュロスと一緒でないと成立しない料理」と主張する向きもある。(ウイッキィペディアより)

f:id:marche3280:20171217005215j:plain

耐熱の器にニンニクのみじん切り少々、鷹の爪の輪切り少々、オリーブオイル適量入れて好きな素材を入れ塩をしっかり目にふって火を入れます。
イメージ的には柔らかく炊くて感じです。出来上がりです(*^^*)
そして、わたしのお勧めはエビです。
海老にキノコ類てのも究極です(*^^*)
海老の出汁がオイルに移って香りよく、そして深みも出て
残ったオイルにバゲットをつけて食べればもう最高です(*^^*)
パンが止まらなくなります(^_^ゞ

個人的にはオイルは全部オリーブオイルよりサラダ油と割った方あっさりとして食べやすいかと思います。

これからの時期、ちょっとお洒落な料理やパーティー等の時の一品に添えてみるのもいいのではないでしょうか(*^^*)