グルメフリッカー

人生一度っきり明るく元気に一生懸命楽しみましょう。

飲食店は儲かる?儲からない?

f:id:marche3280:20171220085339p:plain飲食店で働いてる人や料理が上手な女性、独立思考が強い人、脱サラ等、誰もが一度は自分のお店を持ちたいと思ったことはあるはずでしょう。

お洒落なカフェをやりたい。

レストランをやりたい。

居酒屋をやりたい。


実際お店を持ちたい持つだけならお金とやる気があれば開業することは可能です。

何でもそうなんですが、やることよりも継続することの方が難しくここで言う難しいは飲食店の50%は2年以内に、80%以上は5年以内に廃業している事実があります。
そして、10年続けているお店は100件に数件です。

今では10年お店をやると老舗扱いされるほど新店が出来ては消え出来ては消えの繰り返しです。

朝早くから夜遅くまで現場で立ちっぱなし。
好きでないと出来ない飲食業界。
ただ、好きだけでは生活が出来ない現実があります。



さて、飲食業界ここでは個人経営にスポットを当ててかんがえてみます。

よく言われるのが

材料費いわゆる原価ですね。30から35%

人件費25%から30%

家賃10%

ガス。水道。電気等の光熱費5%

雑費、消耗品等の経費数%


多少ブレもあるでしょうが、ざっと、こんなものでしょう。


その残りがオーナーの取り分です。

と言っても実際は帳簿上、自分で給料を決めて毎月一定額を引くようにしています。

今月は売り上げ多かったから🔘🔘円。売り上げ少なかったから今月は🔘🔘円と言う風に給与を取るのではなく、自分に決まった給料を支払う形にします。

自分が現場に入って働けばその分、取り分が多くなります。

料理人ならオーナーシェフですね(*^^*) 

ソムリエならオーナーソムリエ(*^^*)

良い響きです(笑)

けど、現実はそんな格好いいもんではありません。

料理や売り上げの事より雑用が多くなったりします。

やれ電球が切れた、グラスが割れた、消耗品を買いにいったりで休みの日が潰れたり普段出来ない事を休みの日にしたり、まともな休日なんて、ほぼ無いに等しいです。


売り上げが下がってきたら死に物狂いで泥水をすすってでも売り上げ回復をしなければなりません。


特に脱サラで簡単に考えてやり始めた方は面食らう方も多いはずです。

これだけ聞くと良いことなんて何もないて感じですね(^。^;)


いや、どちらかと言うとわたしは潤った方です。

普通に働くより良い給料が取れました。

けど、ほとんどの方が働きに出たほうがマシな位中々利益が出ないのが現実なんです。

間違っても全額借金してまでやらず、キチンと貯蓄してどうしても、まかないきれないぶんだけ借り入れしてください。
f:id:marche3280:20171220085434p:plain
色々書きましたが、それでもこの業界が好きだからやれるのです。

経営とは何かと聞かれたら

(生きざま)


ですね。

雇用される側と雇用する側の違いは決定権があるかどうかです。

特に組織か大きくなると何でもないことでも上にあげて待たなければなりません。

自分でお店をやると全て自由にやれます。

やはりこれが大きいです。

全て自己責任。

やりがいは絶対的にあります。


一個人がお店をやる時は大箱よりミニマムなお店をお勧めします。

拡大路線を狙うなら別ですが大箱だと流行ってるときは良いが、こけたときの代償は大きすぎる(^。^;)

暇でも多額の人件費を払わなければならないし、何よりも今の時代、人材を確保するのに必死のパッチです(笑)

わたしも以前お店をやりはじめて半年もしない内に大手からお声がかかったりしましたがお断りしました。

何故なら自分は現場主義、そして自分の目の届かない所があるのが嫌だったのです。

もしあのときやっていれば、それはそれでそこそこ軌道に乗ったかもしれませんが今頃のたうち回ってたかもしれません。

優秀な人材を身近においてコツコツやるのが成功への一歩かと思います。

飲食店で儲けるか?儲からないかは…………

f:id:marche3280:20171220085635j:plain

自分次第です。(当たり前やろ(笑))