グルメフリッカー

人生一度っきり明るく元気に一生懸命楽しみましょう。

ドタキャン防止システム

beauty-men.jp

先日ですが週末のディナーに7名の予約があったのですが時間を過ぎても来られないので学生のアルバイトの子が電話したら(やっぱり今日は行くのやめますわ)

と悪気もなく言われたそうです。

週末の夜はどこも忙しいです。

ウェイティングもかなりかかっていたので多くのお客様に迷惑が掛かりました。

この日は電話に出たので、まだ可愛い方ですが(^。^;)
電話に出ない着信拒否等、居留守使うのは日常茶飯事的な確信犯も普通にいます。
f:id:marche3280:20180225163751p:plain
いわゆる《ドタキャン》ですね。

このドタキャンについては以前このブログでも取り上げています。

www.flicker.work

大手サイトで保証てのも良いのですが、問題はお客さんのモラルだけに面倒くさい話です。

何軒か予約しておいて、その時一番都合の良いお店を選ぶのか忘れてしまってるのか飲食店にとっては大きな迷惑です。

嘆いていても仕方ありません。出来るだけ自分達で予防策を立てなけきゃいけないわけです。

しかし自分一人の力はしょせん知れています。

みんなで力を会わせてドタキャンを予防するのです。

こういうことをしなきゃいけない事自体哀しいことなんですが現実問題クリアしていかなければなりません。

一部のお客さんの為に他のお客さんが迷惑被ったり生産者の方が端正込めて作り上げた素材を無駄にしたり、スタッフの仕込みやテーブルセッティング等手間暇や人件費もかかります。

こういうシステムが出来ると個人情報保護法が、うんぬんかんぬん言う方が出てきますが
やる方よりやられる側の事も考えて欲しいもんです。
f:id:marche3280:20180225163824p:plain
ドタキャンだけに限らず理不尽なクレームや俺は神様的なお客さん等、何度も言ってきてますが本当に良いお店を作り上げたいならしっかりとしたブレない意思とスタッフへの共有を持ち、今一度じっくり見つめ直して行かなければならないと思ってます。



採る・育てる・定着させる これからの飲食店マネジメントの教科書 (DOBOOKS)



飲食店経営2018年03月号 (定番アイテム化するクラフトビール/先鋭化するラーメン業界)