グルメフリッカー

人生一度っきり明るく元気に一生懸命楽しみましょう。

ズルい食品ヤバい外食

この一冊でスーパーでの買い物の仕方が変わります!
ランチのお店の選び方が変わります!
そして、プロの消費者になれます!

f:id:marche3280:20180311091822j:plain


説明
内容紹介
食品業界の現場を知りつくした食品のプロが、誰も教えてくれないスーパーや外食チェーンの裏事情を大公開! 肉や魚、野菜など、スーパーの売り場別に良い食品&ズルい食品の見抜き方をアドバイス。また、焼肉店や牛丼、回転寿司などの外食チェーン別に良いお店&ヤバいお店の見極め方のコツをアドバイスします。
この1冊で、あなたのスーパーでの買い物の仕方が変わります! ランチのお店の選び方が変わります! そして、プロの消費者になれます!!

● 精肉と鮮魚は食品表示の「加工者名と所在地」を見ると鮮度がわかる
● 100キロの豚肉ロースから150キロ以上のロースハムを製造するカラクリ
● スーパーのひき肉には、硬くて不味い「大貫豚」が使われている!?
● 閉店間際に値引きセールをしないスーパーは食材を使い回している!?
● 農薬検査をしていない日本産野菜は、中国産野菜よりも危ない!?
● スーパーの野菜売り場の実力は、「レタス」を見ればわかる
● 危険な添加物は存在しない。添加物より「塩の大量摂取」のほうが危険!
● インストアベーカリーの多くは、「冷凍パン生地」を使っている
● 凝固剤に「GDL」を使っている豆腐は、大豆の味がしない白いかたまり
● 店内でスライスしていない焼肉店は、鮮度の悪い肉を扱っている
● 加工肉を使ったお店のステーキは、レアで食べてはいけない!
● 店舗で米を炊かない、温かいシャリを使わない回転寿司は不味い! <目次>
●第1章:スーパーの見方が変わる! 「ズルい食品」のカラクリ
・「精肉」…表示ラベルの加工者名と所在地をチェックして肉の鮮度を見抜く
・「食肉加工品」…材料をかさ増ししていないか? 食品添加物よりも原材料に注目
・「魚介類」…温度管理がしっかりできていて、厨房で魚をさばいているスーパーは◎
・「野菜・果物」…レタスと白菜の扱い方で消費者優先のスーパーかがわかる
・「卵」…産卵日や採卵日の表示がない卵、冷蔵ケースで売っていない卵には注意!
・「お米&ビール」…精米日、製造日が新しいものを上に置いているスーパーは◎
・「弁当」…対面販売の弁当に食品表示の義務はない。食物アレルギー対策には最新の注意を!
・「惣菜」…店内で調理しているとは名ばかり!? 売れ残り食材を使い回すケースも
・「パン」…スーパーのインストアベーカリーは、冷凍のパン生地を使っていることが多い
・「冷凍食品」…中国産よりも国内製造の方が危ない!? 冷凍食品の食品表示には抜け穴が多い
・「豆腐&そば」…凝固剤にGDLを使っている豆腐はダメ! そばは小麦粉の使用割合をチェック
・「調味料」…味噌と醤油は家庭の味を優先。砂糖は精製度が低いタイプがオススメ
・「PB商品」…豆腐の原材料表示をチェックすると、PB商品の良し悪しが見抜ける
・安全で美味しい食品選びのワンアドバイス

●2章:美味しいお店を見極める! 「ヤバい外食」の裏事情
・「焼肉&焼き鳥チェーン店」…店内でスライスしない焼肉店は、鮮度の悪い肉を扱っている
・「ステーキ&ハンバーグチェーン」…加工肉の提供を告知しているお店は、消費者を重視している
・「ファミリーレストラン」…料理は冷凍や半調理品が主流で、コックが調理するファミレスは少数派
・「牛丼チェーン店」…主力メニューにこだわりのあるチェーン店は美味しい
・「定食屋チェーン」…女性客の多さは、美味しい店の指針となる
・「回転寿司チェーン」…温かいシャリを使っているチェーン店は美味しい
・「居酒屋チェーン」…美味しさを求めるなら、チェーン店より個人経営の居酒屋を選ぶべき
・「土産物屋」…お菓子や食品の消費・賞味期限がシールの土産品は要注意

著者について
河岸 宏和 (かわぎしひろかず):
食品安全教育研究所代表。
1958年、北海道生まれ。帯広畜産大学を卒業後、農場から食卓までの品質管理にたずさわる。
これまでに経験した品質管理業務は、養鶏場、食肉処理場、ハムソーセージ工場、餃子・シュウマイ工場、コンビニエンスストア向け惣菜工場、卵加工品工場、配送流通センター、スーパーマーケット厨房衛生管理など多数。
毎年100か所以上の食品工場、厨房などの点検、教育を行う「食品のプロ」。

(Amazonより)





ジャンル別に分かれています。

スーパーの事を余り知らない人には非常に為になる本です。

わたしは少しスーパーと関わりがあったので、このくらいの知識はほぼ、ありましたが頻繁にスーパーに買い物へ行かれる方は読むのをお勧めです。

本のタイトルに引かれて楽天で思わずポチッと買ってしまいましたが少しタイトル負け⁉しているか?

特に為になるのが卵の産地の事や賞味期限、産卵日のトリックについて書かれていますが

他の食品でもそうですが、こういうのは参考程度に余り気にしすぎない事が大事だと思う。

わたしも以前、鶏が卵を産んで収卵した場所が生産地だと思っていました。

卵屋さんに聞いたら他の県で産んだ卵を仕入れてパックした場所が生産地になると聞いたときはビックリでした。

そんなこんなのスーパーの裏事情を分かりやすく書いた本ではありますが大手外食チェーンの事を書いてますが今更感もあり、少し一定のスーパー等に肩入れし過ぎ⁉的な傾向と食品添加物を肯定するのは、どうかと思えるところもありましたが、それなりに熟読出きる一冊です。



知らないと危ない! ズルい食品 ヤバい外食