グルメフリッカー

食やグルメ、仕事等色々と思っていることを書いていければと思っています。

簡単に出来る‼️包丁の切れ味が復活する方法

私たちから見たら切れない包丁程、怖いものはなく

切れない包丁は素材に対して滑るので必然的に指を切ることにつながるのです。

素人さんは切れない包丁の方が指を切ったときに切れないから、そっちの方が安全と思いがちですが逆ですよ(*^^*)

そして、切れない包丁で指を切ると意外と痛く(^^;

いや、どちらにさよ指を切ったら痛いのには変わりはないのだが

スパーンと断面が切れるのと切れない包丁で、ざっくり切るのとでは又、痛さは格別だ(笑)
f:id:marche3280:20180712232331j:plain
プロの料理人や専門の飲食店な包丁も研ぐ習慣があるのでしょうが(最近は研がない所も多い)

家で砥石を用意して包丁を研ぐと言うのは珍しく、あまり聞いたことありません。

出来るならずっと切れ続ける包丁なら問題はないのでしょうが、そうもいきません。

そんな時、簡単に即効性のある包丁の研ぎ方です。

正確に言うと包丁の研ぎ方と言うより

切れ味を一時的に復活させる方法です。


ホントに簡単です。

用意するものは陶器のお皿だけです。

お皿もしくはお茶碗でも良いです(*^^*)

このお皿の裏を使います。


f:id:marche3280:20180712200621j:plain

お皿の裏の出っ張った所に包丁を大体の角度で言うと10°から20°?位の角度で当てて左右、上下にこするのです。

イメージ的には

シャカシャカシャカシャカ🎵


そんな感じです(笑)

5~6回シャカシャカしたら次は包丁の反対側を同じようにシャカシャカシャカ🎵

とします(*^^*)

最後は少し微調整で包丁の両側を軽くこすりながら調整し

1度野菜か何かを切ってみてください。

あればトマトの皮を切るのが分かりやすいかもしれません。

切れ味が戻っても一時的なものですので長期間維持するものではありませんので

そんな時は

家庭用の包丁研ぎのシャープナーをお勧めします。



Primero 包丁研ぎ 包丁研ぎ器 包丁 研ぎ器 シャープナー セラミックロール ダイヤモンド砥石 ステンレス ホーム キッチン