グルメフリッカー

人生一度っきり明るく元気に一生懸命楽しみましょう。

小さな個人店ではクレジットカード決済導入しない方がいい

カード決済が当たり前のごとく東京オリンピックまでにキャッシュレスに持っていこうとし

ている動きだが飲食店から見たクレジットカードのメリット・デメリットてのは確実にあ

り、その記事はこちらでもブログに書き上げたが

www.flicker.work




飲食店にとってカード決済は良いことばかりではない。

もちろんメリットも沢山あるが

昔から現金商売の飲食店。

その日銭で仕入れしたり支払いしたりでやりくりしてきたものだが

時代も変わりキャッシュレスの時代。

カードを使う人が多くなってきたご時世だが良いことばかりだと全部のお店がクレジットカードを扱っている訳で、逆に飲食店にとってカード決済のデメリットも当然ながらあります。

f:id:marche3280:20180823225614j:plain
何故カード決済をしないのか。

飲食店の売り上げから逆算すると

仕入れ原価が約30%から35%

人件費25%から30%

家賃10%

ガス・電気・水道の光熱費が8%

雑費5%

と計算すると、ざっく85%位かかり

利益は15%です。

突然の厨房機器の故障や買い換えや

予期せぬ出費があったりで

利益がいつも出るとは限りませんし、いつも順調に行くわけではありません。

もしも、カード決済オンリーのお店だとすると(そんなお店は今のところ所少ないですが)ここにカード手数料4%が毎月引かれると利益は更に圧迫されます。


繁盛していて人手が足りているお店なら良いでしょうが

こじんまりとしたお店や薄利多売の所は厳しくなりそうです。

1日10万の売り上げのお店で4%持っていかれるのはキツいです。

一週間に1日定休日取ったとして

25日営業ざっくり250万の売り上げ。

その4%=10万円

10万円を利益から持っていかれるのは

やはり厳しいですよね。

それを原材料や人件費に当てたいのは経営者の本音でしょう。。


f:id:marche3280:20180823225652j:plain

カード決済のメリットを得る事より、キャッシュフローを手元に置いとかないと経営者はやはり不安です。

カード決済は翌々月に振り込みてのが多いです。
(最近はもっと早く入金してくれる所もあります)

2ヶ月のタイムロスは経済的に余裕がないと

出来るものでもありませんよね。

カード決済導入はよく考慮してからで良いかもしれません。