グルメフリッカー

人生一度っきり明るく元気に一生懸命楽しみましょう。

売り切れ続出オハヨー乳業のブリュレ

オハヨー乳業のブリュレ

先日、スーパーのアイスクリームコーナーを見ていたら

クレームブリュレの写真がパッケージのアイスクリームが売っていたので

美味しそうだしパリパリ感が伝わってきたので思わず手に取ってしまったのだが

値段を見ると見間違いかと思う位、良い値段設定だった(^^;


f:id:marche3280:20180904130654j:plain


以前販売と同時に話題に上がって販売休止になるほど売れたらしいのだが(わたくしは、その事を知らなかった)

最近ようやく全国販売されたらしいのだが、まだ見かけることが少なく

どうしても欲しい方は

Amazon楽天等のネット販売でも買えます。
(只このブログをアップした9月4日現在売り切れです。)

スーパーとコンビニでは売価も違うみたいですが

おおよそ300円ちょっとの販売価格です。

ハーゲンダッツより高値です。

この強気な値段設定のアイスクリームを買うかどうか

アイスクリームコーナーで悩むこと20分………(もちろん嘘です笑)

清水の舞台から飛び降りる気持ちで購入‼️(もちろん大袈裟です笑)


まずパッケージから高級感が伝わります。

どうだ他のアイスクリームとは格が違うんだぞ❗

みたいなオーラが出ております(笑)


f:id:marche3280:20180904150039j:plain
アイスクリームたけに限らず

ジュースや缶コーヒー等もそうですが

パッと見た感じの印象で買うか買わないか

購入したいかしたくないかの

イメージが一瞬で出てきますよね。

そこで手にとって触った感触や原材料見たり何かしらどこかで情報を

脳にインプットして判断

そして購入のパターンです。


ちなみにAmazonの説明では

クレーム・ブリュレは、表面のパリパリした食感を長時間維持することが難しいといわれているスイーツ。 今回オハヨー乳業は、「パリパリした食感を長期間維持する製法」と「焼成技術」の2つの新しい技術を開発。砂糖がふりかけられた天面を独自製法で加熱し、ブリュレ独特のこんがりとした焼き目を再現。 、パリパリした食感でほろ苦い焼き目が、濃厚なミルクアイスの美味しさを引き立たせています。

詳細
内容量104ml
成分 無脂乳固形分 11.0% / 乳脂肪分 16.5% / 卵脂肪分 0.9%
焼き目がアイスの美味しさを引き立てます。

前置きが長くなりましたが食べてみました。


さてさてお味は?

このアイスクリーム、ブリュレの表面にスプーンを入れてみます。

カチッ‼️

カチッ‼️

カチッ‼️

ん⁉️

ちと固い(^^;


説明書きを見るとコツコツたたいてり押したりして食べると

良いみたいな事書いてます。
(テクニックいるやん)

f:id:marche3280:20180904130826j:plain

面倒臭かったのでそのまま食しました。

少し固めの表面の理由が分かりました。

アイスクリームの上にホワイトチョコレートが乗っています。

そのホワイトチョコレートに砂糖を振りかけカラメリゼしているのですね。

当然ながら冷凍されているホワイトチョコレートを簡単にパキンと割れたり

スプーンがサクッと入るはずがないのですね(*^^*)

そんな事はどうでもいいから早く食べろよ❗

て声が聞こえてきそうです(笑)

f:id:marche3280:20180904153716j:plain


スプーンを入れるとベースのアイスクリームが出てきます。

普通のバニラアイスより白ぽっく見えます。

食べてみると、まず一番最初に感じたのがホワイトチョコレートの味なんですね。

そしてアイスクリームですがバニラアイスクリームではないのがすぐに分かります。

ルクアイスて感じです。

表面のカラメリゼは余り感じる事が出来ず、どちらかと言うと

ルクアイスとホワイトチョコレートの味や風味が勝ってしまっている……

そんな感じです。

本来のクレームブリュレはプリンに赤砂糖(カソナード)を振りかけバーナーで焼き上げるですから

出来ればミルクアイスではなくもう少し濃厚なアイスクリームで

それでもってカラメリゼはもう少し強めでもっとほろ苦い方が自分的には好みです。

ちなみにクレームブリュレの作り方です。

www.flicker.work

いや、十分美味しいですよ(*^^*)

シンプルだからこそ試行錯誤があり何度も試作し

技術的にはホワイトチョコレートの上にカラメリゼするのは非常に難しかったんじゃないかと容易に想像できます。(全然違うかもしれないが笑)


値段はそこそこしますが大切な人への差し入れや話のネタ、何かの時の自分へのご褒美にいかがでしょうか。