グルメフリッカー

人生一度っきり明るく元気に一生懸命楽しみましょう。

バカとつき合うな・堀江貴文&西野亮廣

f:id:marche3280:20190106224424j:plain
バカとつき合うな

堀江貴文
西野亮廣

🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟
~この本の目次~
01 バカばっかりの環境に居続けるバカ(堀江貴文)
02 人と同じことをやりたがるバカ(西野亮廣)
03 学校を盲信するバカ(堀江)
04 目的とアプローチがずれているバカ(西野)
05 我慢を美徳にしたがるバカ(堀江)
06 未熟なのに勘に頼るバカ(西野)
07 欲望する力を失っているバカ(堀江)
08 「自分の常識」を平気で振りかざすバカ(西野)
09 機械の代わりを進んでやるバカ(堀江)
10 付き合いを強要するバカ(西野)
11 ひとつの仕事で一生やっていこうとするバカ(堀江)
12 先に設計図を描きすぎるバカ(西野)
13 にわかを否定するバカ(西野)
14 人生の配分ができないバカ(堀江)
15 新しさばかり追求するバカ(西野)
16 無自覚に人の時間を奪うバカ(堀江)
17 善意なら何でもありのバカ(西野)
18 マナーを重んじて消耗するバカ(堀江)
19 自分は老害にならないと思っているバカ(西野)
20 孤独を怖がるバカ(堀江)
21 一貫性にこだわるバカ(西野)
22 未来に縛られるバカ(堀江)
23 空気を読むバカ(西野)
24 バカを笑って、自分は棚上げのバカ(堀江)
25 西野亮廣という「バカ」(堀江)
26 堀江貴文という「バカ」(西野)
27 ぼくは「バカ」(堀江)
28 ぼくも「バカ」(西野)
🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟


過激なタイトルです(*^^*)

バカと付き合う事によって

自分の自由や行動力、思考が奪われていく……

ざっくりそんな内容ですが、サクサク読めていくのは流石ホリエモンの本ですね。

レビューを見ると内容がないだの

薄ぺっらいだの何だのと書いている人もいますが

ホリエモンの生き方を理想とする思いが何処かにあり自分の持っていない(やれない)才能に憧れているのかもしれない。

過去にも堀江貴文氏の代表作、多動力を紹介しましたが

やはり彼の著書は読むスピード感が速くなる‼️


www.flicker.work

今回は西野亮廣(キングコング)との共著だが、ホリエモンの本は分かっていても、ついつい購入して読んでしまう魔力⁉️があります(^^;


内容的には彼の過去の著書で書かれている事がほとんどだが

西野氏との共著によって変化球を投げつけたって とこでしょうか。

常識とかマナー、


世間体とか空気を読みすぎる、

過去の既存、逆に新しさばかりの追求



そんな意識を突き破った彼らしく楽しく、そしてついつい頷いてしまう面白い本です。


相変わらず極論のような話もあるが思い当たる所が多く

納得の一冊です。




バカとつき合うな


www.amazon.co.jp