グルメフリッカー

外食産業からコンビニまで食に関する事を幅広く取り上げていきたいと思います。

★☆大阪王将杯王将戦1次予選準決勝将棋めし(勝負めし)☆★

★☆大阪王将杯王将戦1次予選準決勝将棋めし(勝負めし)☆★




時代は「令和」へと移り変わり、5月9日(木)関西将棋会館にて、藤井聡太七段(16)が北浜健介八段(43)と対局。
藤井聡太七段は後手番。

「令和」初の将棋めし(勝負めし)は以下の通りとなった。


★藤井聡太七段・昼食メニュー★
f:id:marche3280:20190510231306p:plain
⚫️和牛プレミアムハンバーグ弁当(1000円)
(鍬焼きと日本酒 内山田)

棋士の愛食としても知られている和牛100%のハンバーグ。
自身は他店にて和牛100%のハンバーグを食した事があるが、食感がイマイチで絶品とは程遠かった。
しかし、棋士の胃袋を満たされている内山田のハンバーグはきっと別格なのだろう。
将棋めしとして注目をしている一品である。

「鋤焼きと日本酒 内山田」
大阪市福島区福島1-4-4セントラル70B1F

★北浜健介八段・昼食メニュー★

「親子丼(味噌汁付)」
(900円)

見た目もキレイで鶏肉も柔らかそうで美味しそうだ。
真ん中に生卵が乗っておりお得感有り。
味噌汁付なのも嬉しい。

「小雀弥(こがらや)福島店」
大阪市福島区玉川4-10-2


さて対局の結果は、藤井聡太七段が96手にて勝利。
令和初勝利となる。

対局後のインタビューでは「実力を付けて新しい時代に長く活躍できるようにしたい。」とコメント。
本局に勝利した事により1次予選の決勝へと駒を進めた。

次局は5月15日(水)関西将棋会館にて第45期棋王戦予選、牧野光則五段と対局。

あと藤井聡太七段のイベント情報は以下の通りとなる。
5月25日(土)愛知県瀬戸市の瀬戸市文化センターの「瀬戸将棋まつり」にて木村一基九段と公開対局を予定。
藤井聡太七段はプロ棋士として、地元の瀬戸市で公開対局をするのは初となる。

藤井聡太七段は、今年4月から5月にかけて行われるイベントへの出演オファーが多かった事を比例するかのごとく、出演回数が多いなという印象だが、藤井聡太七段のファンのみならず、将棋ファンにとっても嬉しい悲鳴だと思う。

アイドルの追っかけファンのごとく、棋士の追っかけファンの方々もいる様だが、それだけ魅力溢れる棋士が多くいるのだなというのを物語っていると思う。
自身は追っかけこそはしていないが、今後も将棋界を応援していけたらなと思う。