グルメフリッカー

外食産業から将棋の勝負めし、コンビニまで食に関する事を幅広く取り上げていきたいと思います。

藤井聡太七段【第67期王座戦挑戦者決定トーナメント一回戦】将棋めし(勝負めし)

★☆藤井聡太七段【第67期王座戦挑戦者決定トーナメント一回戦】将棋めし(勝負めし)☆★

2019年5月31日(金)に行われた前局では、午後8時過ぎに千日手となり指し直し局となったが、結果、藤井聡太七段が菅井竜也七段に勝利。

そして、土日と中二日空けての6月3日(月)東京・将棋会館、特別対局室にて行われる本局は佐々木大地五段と対局。

ちなみに藤井聡太七段は佐々木大地五段との公式戦では1勝1敗。
2018年5月に福岡県で行われた、こどもの日「QTnet将棋Day2018」公開対局「次世代将棋名人戦」では、藤井聡太七段(当時は四段)が完勝。

最多勝数を誇る佐々木大地五段。
本局の勝者の次戦は羽生善治九段と決定している。

さて本局、振り駒の結果、と金が3枚で佐々木大地五段が先手・藤井聡太七段が後手となった。

将棋めし(勝負めし)は以下の通りとなった。




f:id:marche3280:20190604091537j:plain
(AbemaTVより)
★藤井聡太七段・昼食メニュー★

⚫️「豚キムチ」(900円)(鳩やぐら)

沢山の品目を摂取出来るのではないのかと思う程、付けあわせも色々とあり、味も楽しめたのではないのだろうかと思う。

鳩やぐらさんは、みろく庵さんが2019年3月末に閉店した事に伴い、たまたま来店した将棋連盟の職員が出前店への参入を打診され快諾されたとの事。
店主の女性の方は、手作りにこだわられている様で自宅の家庭菜園で育てた野菜等を使用し食事提供されている様だ。
店主のこだわりが感じられる。

「鳩やぐら」
東京都渋谷区千駄ヶ谷1-22-4


★佐々木大地五段・昼食メニュー★
f:id:marche3280:20190604091614j:plain

(AbemaTVより)

⚫️「アボカドとチェダーチーズのパニーニ+カフェラテ」(850円)(バード&ルビー)

AbemaTV解説の藤森哲也五段と聞き手の和田あき女流初段が「インスタ映えしますね」とコメントされていた。
街角カフェメニューを昼食メニューとして紹介というのは初めてだったので驚いた。

「バード&ルビー」
東京都渋谷区千駄ヶ谷1-21-3


★藤井聡太七段・夕食メニュー★
f:id:marche3280:20190604091634j:plain
(AbemaTVより)

⚫️「カレーライス」(770円)(ほそ島や)

お値段お手頃で、余り時間を掛けずに手軽に食せるのが魅力。
その分、残りの休憩時間を検討に充てられるという利点もある。


★佐々木大地五段・夕食メニュー★
f:id:marche3280:20190604091711j:plain
(AbemaTVより)

⚫️「冷むじなそば」(850円)(ほそ島や)

AbemaTV解説の深浦康市九段によると「私は頼んだ事はないのですが、冷やし中華は良く頼むので、夏が来たなという感じですね」とコメントされていた。
加藤桃子女流三段によると「ヘルシーな感じですね」とコメント。
色んな具材をあっさりさっぱりと頂けて美味しそうだなと思った。

「ほそ島や」
東京都渋谷区千駄ヶ谷2-29-8

さて対局の結果は、139手にて佐々木大地五段の勝利。
羽生善治九段との対局が決定。

対局後の感想で藤井聡太七段は「序盤から強く指された。リスクの取り方を間違えたかもしれない。次から力を付けて頑張りたいと思う。」とコメント。

ところでAbemaTVの解説で、終盤、深浦康市九段と藤森哲也五段が解説の域を超える私情の入りすぎた発言に驚いた。
「大丈夫か、お前」と叫んだり「てっちゃん」等の連呼。
マイクがオフになっていると勘違いをされているのではと思える程だった。

深浦康市九段は対局者の佐々木大地五段の師匠であり、藤森哲也五段も同じ関東所属という事で個人的にも応援に熱が入っていたのだろう。

以前も、その様な解説をしていた対局の中継を観た事があるのだが、解説者の素が観られて良かったと評価するのか、それとも一体何事だと評価するのか賛否両論ある事だろう。

ただ視聴者に向けての放送であるので、あからさまに一対局者を応援する様な発言は慎まれた方が良いのではと感じた。

番組終了前、深浦康市九段が「見応えある将棋だっただけに色んな発言をしてしまった」と言っていたが、藤井聡太七段のファンを意識しての発言だったのではと思った。
生中継で編集は不可であるし棋界へ影響を及ぼしかねないので、発言に影響力を持っているという重みを胸に取り組んで頂けたらなと思う。

さて次局は、6月11日(火)【第91期棋聖戦】東和男八段と関西将棋会館にて、持ち時間各1時間にて対局。

その後、6月18日(火)【第78期順位戦】村田顕弘六段と関西将棋会館にて、持ち時間各6時間にて対局。

本日のAbemaTVで解説をされていた村田顕弘六段(6月18日、藤井聡太七段と対局)だが、聞き手の和田あき女流初段から、藤井聡太七段と以前対局をされた際の印象を聞かれた所「めちゃくちゃ強いですね」と苦笑いをされていた。

順位戦は感想戦の中継がないのが残念だが、持ち時間が6時間という事もあり長丁場となる事だろう。
二週続けての対局も注目である。